【メモの魔力】お金に余裕がない大学生におすすめのメモ帳3つ

memo aiBook

 

悩めるアカペラー
悩める大学生

・メモの魔力を読んで、メモのモチベーションが上がったけど、どのメモ帳がいいのかな。。

・あまりお金ないから、コスパのいいメモ帳が欲しい。。

・自分にあったメモ帳を見つけたい。。

 

 

このような悩みを解決する記事を作りました。

 

どういう基準で、メモ帳を選べばいいのかを解説しますよ。

 

また、僕がおすすめするメモ帳3選をご紹介します。

 

僕の記事を見たら、今すぐメモ帳をポチりたくなるでしょう。

 

著者の前田さんが推しているモレスキンノート、大学生には高すぎ問題

 

メモの魔力の著者である、前田さんの使っているメモ帳が、モレスキンノートだったこともあり、モレスキンノートを使ってメモをしている人は多いです。

 

でもさ、、

 

モレスキンノート高くね!?、、。

 

ノート一冊に6000円くらいするんですよ!!

 

しかも、今までメモに対するこだわりがなかった人からしたら、払える額じゃないです、、。

 

特別メモ帳にこだわりがない人は、他のメモ帳を探していきましょう。


どういうメモ帳を選べばいいのか

「モレスキンノートは買わないにしても、どういう種類のメモ帳を買えば良いんだ、、。」

 

という人は、以下の3つを意識して、自分にあったメモ帳を探しましょう。

 

見開きのノート

A5〜6の小さいサイズの方がいい

なるべく値段が安いやつ

 

ひとつひとつ深掘りしていきます。

 

その①:見開きのノート

 

これは、メモの魔力を読んだ人なら言わずもがなですよね。

 

前田流のメモのやり方をするには、見開きでノートを使わないと意味がありません。

 

 

縦のメモ帳

 

↑こういうめくるタイプのメモ帳はあまりおすすめしません。

 

 

 

横のメモ帳

 

↑上の画像のような、見開きのノートをおすすめします。

 

 

え、ちょっと待って。

 

 

 

そもそも、前田流のメモのやり方ってなに?

 

 

って人は、僕の記事を読むか今すぐ『メモの魔力』をポチりましょう。

 

 


 

 

その②:A6かB6の小さいサイズの方がいい

 

やっぱりメモ帳は、持ち運びやすさに越したことはないです。

 

僕がおすすめするサイズは、A6かB6ですね。

 

ポケットの中にちょうど収まる大きさだし、手のひらサイズでとても持ち運びに便利。

 

普段、授業などで使ったりする「A4やB5」だったりすると、大きくて書きやすい反面、持ち歩くには大きすぎるし、カバンの中に入れてもかなりスペースをとるので、持ち運びには向いてないと思います。

 

その③:なるべく値段が安いやつ

 

お金に余裕がある人は、上記のモレスキンノートを買ったり、上質なメモ帳を買っても良いと思います。

 

でも、大学生でお金に余裕がある人ってあまりいませんよね、、。

 

僕も大学生なのですが、とにかくお金がない、、。

 

バイトしても、スキンケアや筋トレ、ボイトレなど使ってしまうので、全然お金に余裕がないんですよね。

 

だから、メモにお金をそこまで割けない。

 

なので僕は、一個90円の安いメモ帳を使ってますが、不便に思ったことは一度もないです。

 

僕の場合、高いメモ帳だと「汚したり書き込むのがもったいない」とか変なこと思いそうなので、

むしろ安い方が、メモに気を使う必要がないので使いやすい。

 

百均のメモ帳とかも安くて良いものがたくさんありますよ。

 

おすすめのメモ帳3つ

 

僕がおすすめするメモ帳を3つ紹介するので、気になるものがあればすぐポチりましょう。

 

コスパ最強!『コクヨのキャンパスノート20セット』 サイズ:A6

 

大学生なら、誰しもが見た事があるコクヨのキャンパスノート。

 

このノートは、とにかくコスパがめちゃくちゃ良い。

 

「とにかく安いメモ帳が欲しい」という人にはおすすめのメモ帳です。

 


 

ただ、コクヨのキャンパスノートはみんなが持っているため、オリジナル性に欠けます。

 

自分だけのメモ帳を作りたい!」という人には、ノートカバーがおすすめ。

 

 

 

おしゃれなデザイン!『ロイヒトトゥルム』 サイズ:A6 値段:2200円

 

めっちゃくちゃおしゃれなメモ帳が欲しい!」、「自分だけのオリジナル感が欲しい!

 

という人には、おすすめのメモ帳です。

 

このメモ帳の良いところは、選択肢があるところ。

 

カラーが17種類もあって、サイズはA5かA6のどちらか選べるし、

 

フォーマットも、横罫(横線が引いてあるやつ)・方眼紙・ドット・無地の4種類から選べます。

 

イメージでいうと、値段が安くなったモレスキンノートみたいな感じ。

 

学生にはちょっと値段が高いけど、お金に余裕がある大学生は是非。

 

 

 

 

おしゃれでコスパもいい!『MIQUELRIUS ミケルリウス』 サイズ:A6 値段:1430円

 

このメモ帳は、おしゃれなうえにコスパも良い。

 

おしゃれなだけじゃなくて、値段もなるべく安いのが良い、、。」という少々わがままな人におすすめです。

 

ただし!!このメモ帳は現品限りなので、まじで早い者勝ち。

 

あの時買っておけばよかった…」っていう事がないように、欲しいと思ったらすぐポチりましょう。

 

 

 

僕がいつも使っているメモ帳

 

僕がいつも使っているメモ帳はこちら。

 

 

 

手の中のメモ

 

手と並んでいるメモ

 

このメモ帳は、無印で買ったダブルリングノート。

 

一個90円。

 

A6なので、手のひらサイズでとても使いやすいです。

 

めちゃくちゃ安いですが、なにも不便はありません。

 

メモになにもこだわりが無い人は、安さ重視でメモを選んでも良いと思う。

 

 

まとめ:大事なのはノウハウではなく、姿勢である

 

これは、『メモの魔力』で前田さんが言っていた名言です。

 

確かに、メモ帳にこだわるのも大事です。

 

ですが、どんなに良いメモ帳を買ったとしても、メモをしていなければ意味がありません。

 

書くという姿勢が大事なんです。

 

メモ帳を買ったからには、メモをしましょう。

 

最初はちゃんと書けなくても良い。たくさん書けば慣れてきますよ。

 

大学生にとって、メモは必須のスキルなんじゃないかと僕は思います。

 

今日からメモしよう。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました